経歴

明治大学大学院理工学研究科修士課程修了後、2000 年 4 月日本ヒューレットパッカード株式会社に入社。
システムコンサルタントとして大手携帯キャリアの基幹システムの開発プロジェクトに従事。

2004 年 8 月に株式会社シーエー・モバイルに入社し、公式課金サイト、SNS サイト、ソーシャルアプリといった 数多くのモバイルメディアの企画開発を経験。

同社執行役員、取締役を経て、2007 年 7 月には同社の SNS サイト、ソーシャルアプリ事業を手掛ける 100%子会社株式会社ixen の代表取締役に就任する。

2011年6月にスマートエデュケーションを創業し、代表取締役に就任。

戻る
 
 
2012年12月公開

代表取締役社長 池谷 大吾

 

2010年当時、5歳だった私の息子は、操作方法を何も教えていないにもかかわらず、私のスマートフォンでアプリを立ち上げ、自分なり考えて遊ぶようになりました。
その姿を日々見守っている中、子どもの教育に関し、私はスマートフォンやタブレット端末に大きな可能性を感じるようになったのです。
「“教育界”はデジタル化が遅れているが、スマートフォンやタブレット端末を活用することで、子どもの思考能力や行動力をもっと高めることが出来るに違いない」と・・・。この想いが、2011年の当社起業のきっかけとなりました。

既存の絵本ページをスキャンしただけの“デジタル絵本”は多くありますが、スマートフォンやタブレット端末の機能を活かし、また可能性を見出した教材は、殆どないのが現状です。 そのような中、スマートフォンやタブレット端末の機能を活かした、質の高い教材(=知育アプリ)を提供し続け、日本や北米を始めとした世界中の多くのユーザーから、我々は支持をいただけるようになりました。

今は経済的にもネガティブなニュースが多く、過去の“高度成長期”や“好景気”といった、ビジネスを展開しやすい時代ではありません。そのような環境下でも起業し、更なる飛躍を目指す当社の取り組みを通して、「新しいことに挑戦することは、大きな意味があることだ」ということも、次世代を担う多くの子ども達に知ってもらいたいと考えています。

スマートフォンやタブレット端末を活かした、教育をテーマとした質の高いサービスを提供し、日本発のグローバル企業を目指す我々の姿勢が、世界中の子どもたちに「大きな夢」を与えられるようになれれば、これ以上に嬉しいことはありません。

 
 

PAGE TOP