経歴

慶応大学卒業後、新卒で株式会社フジテレビジョンに入社し、営業企画を担当。

その後、アメリカに渡り、プロゴルファーとして活躍。その後、スポーツビジネス・M&A・マーケティングなどを経験し、2012年3月入社。

戻る
 
 
2012年12月公開

酒井 聖子

 

現在、海外・アライアンス部門を担当しています。
幼少期に海外で育った経験や、営業企画・マーケティング分野でのキャリアが活かせること、また乳幼児の「知育」というテーマが非常に興味深く、2児の「母親」としての育児経験を活かしながら働くことができる環境に魅力を感じたことが、当社への参画を決めた理由です。

当社では、メンバー全員が「知育」というテーマに真摯に向き合い、本当に子ども達の役に立つサービスを提供しよう、とにかく良いものを作っていこうという強い気持ちで事業に取り組んでいます。
一つの目標に向かって一致団結し、それぞれが自分の強みを最大限活かして事業の成功に貢献しようとする雰囲気があることが、当社で働く一番の魅力だと感じでいます。

今回の震災は、自分自身の働き方や子ども達との関わり方について見直す大きなきっかけとなりました。
現在は仕事と家庭の両立も非常にスムーズで、18時過ぎには子どものお迎えのために退社し、家庭での時間も大切にしています。
仕事が残っている時は、子ども達が寝た後に自宅で業務を行うこともありますが、今のバランスにはとても満足しています。
週末には子どもの友人達が何人も家に集まり、iPadを囲んでスマートエデュケーションのアプリで遊んでいます。子ども達の様子を眺めながら、自宅でマーケティングできるという点も楽しいです。

今の目標は、何としても海外展開を成功させること。近い将来グローバル企業として成長し、様々な人種の社員の子ども達が学校帰りにオフィスに立ち寄って遊んだり宿題をしたりする、そんなオフィスを実現できたらいいな、と思っています。

 
 

PAGE TOP